danon de Auberchu. | 東栄町体験型ゲストハウスdanon

danon de Auberchu.

danon de Auberchu.


一か月ぶりの投稿になります。

ご無沙汰しております。

奥三河地域雇用創造協議会の金城です。
東栄町は朝晩、もうすっかり冷え込む秋真っ只中。最近は栗とクルミ拾いにハマっています。

さて、先日、イベントをしました!
その名も「danon de Auberuchu.」 だのんでオーベルチュ.

オーベルジュじゃないですよ。
オーベルチュ.です!

東栄町で地域おこし協力隊をしている料理を専門とする池田さんと共に開催したオーベルチュ.

まずは、ゲストチェックイン後
東栄町の一押し農家さん宅へ。
にわとりとうさぎの入り乱れる小屋に入り、産みたての有精卵をゲッチュ
おまけにさつまいも掘りもさせてもらって
「芋掘りなんて小学校以来だー!!」なんてちょっとテンション上がっちゃったりして。
芋を抱えて歩いている途中、コスモスを発見。
コスモスの花って花びらの枚数が決まっていて、「好き、嫌い、好き、嫌い・・・」って「好き」で始まると必ず「嫌い」で終わってしまうっという話しで更にテンションが上がっちゃったりして。

芋掘りの後、お茶でも飲んで行きなさいっと、お茶と一緒に愛知のソウルフード手作り「鬼まんじゅう」が出てきました。
このあと、夜は絶品の夕食を皆で食べるのですが、チェックアウトの際にもらうアンケートで「鬼まんじゅうが美味しかった」と書かれるぐらい、美味しかった鬼まんじゅう。

鬼がシンボルの町で食べる鬼まんじゅう。最高でした。ごちそうさま!

収穫した有精卵を大事に抱え、danonに戻ると次は池田シェフと自家製マヨネーズ作り。
可愛らしいエプロンをみんなで着てシャカシャカ泡立て器を動かします。
スタンダードマヨネーズが出来上がったらお好みでにんにくやアンチョビ、コショウ、マスタードを加えます。
少しだけ夕食用に分けて、残りは瓶に詰めてお土産に。
自分で作った自家製マヨネーズはきっと何につけても美味しいはず^^

温泉後はいよいよ楽しい楽しい夕飯のはじまりはじまり

マヨネーズ作りをしたキッチンはオーベルチュ仕様の会場に早変わり                                  風呂上りツルツルお肌のゲストの皆さんもお気に入りの服に身を包み、会場を彩ります。

皆で作ったマヨネーズをつけて食べる旬の野菜を使った前菜
香ばしい香りの焼きナスのポタージュ

マヨネーズタルタルソースのアマゴのフリット

錦爽鶏のポトフ

などなど。

地域の人や暮らしに触れ、古民家でちょっとお洒落をして皆で美味しいご飯を作って食べて飲んで。

皆さん、楽しんでいただけた様子で良かった良かった。
ご好評につき!

懲りずにまたします(笑)

また第二弾オーベルチュ.決まり次第お伝えします^^

 

2015/10/8 未分類